二年生になりました

結構楽しかった女クラ(女子クラス)とお別れをして、2年生からは就職クラスと進学クラスに分けられ私は進学クラスになりました。新しいクラスで友達は出来るのだろうかとかたくさん心配があったけど、無事友達も出来て良いスタートが切れたと思います。1年生の時は教室に男子がいない分皆もう、素っ裸になる勢いではしゃいでいたけど2年生になって男女混合クラスになるとそれは一変して女子は一気に大人しくなります(笑)
さて、この前簿記部を退部をし何を書こうと思いきや、簿記は部活だけではなく学校の授業でもしっかりガッツリやるので、その時の内容だとかを書いていこうと思っています。簿記部やめたからって更新はやめません(^ω^)2年になるといよいよ、全商1級や日商簿記など検定の内容もハイレベルになってきます。より一層充実した内容に出来るように頑張っていきます!
2年生になった今この前入学式がありました。1年生を見るとあらためて自分が2年になったことを実感しました。あの苦しかった受験勉強の日々からもう1年が経過しました。早い!!この調子で2年生とかすぐに終わってまた、すぐ受験勉強!受験勉強!ってなります。高校生活は長いようで短いとても充実した3年間です。勉強も難しくなる一方周りに置いて行かれないよう、大好きな吹奏楽をするためにバイトも精一杯頑張って、進路実現を目標に飛躍し続けます(`・ω・´)人生に一度きりしかないJKライフ堪能します!

まあるい旬生酵素 評価

これからの目標

簿記部をやめたら、私は吹奏楽団にはいるのが目標です。楽器も放課後や土日でバイトをして買うことにしました。はじめてのバイトなのでたくさん不安はあります。でも友達が既に働いている所なので少し心強いです。まだ決まったわけではないけど(笑)学校にはもともと吹奏楽部はあったけど、人数も少ないし、校外にある楽団の方がレベルは高くて自分自身も中学校のときよりも周りから刺激されてレベルアップできるのかなと思いました。4歳からピアノに触れていただけ、やっぱり勉強よりも音楽する方が自分に合ってたようでした。
しかし、バイトするにあたって大変なこともあります。それは勉強とバイトの両立です。今までは部活でも自然と勉強していて、いわゆる放課後課外でした。しかし、その放課後や休みの日がバイトの時間に変わるので今まで以上に勉強しなくては2年生の授業の内容についていけないかもしれません。すこしの空き時間などに勉強することが大切になってきます。でも、そんな辛いことでも楽器を買って吹奏楽団に入るという目標があるから頑張れそうです。実は簿記部に入部した当初から吹奏楽をしたくてしたくてたまりませんでした(笑)やっぱり目標があると気合いの入り方が全然違いますす。
簿記部にはたくさんお世話になりました。その感謝を忘れずにこれからたくさん努力して夢や目標を叶えていきたいとおもいます。
なお、簿記部をやめたからといって更新をやめることはないので引き続きよろしくお願いいたします。

簿記部を退部します

入学してから、約1年間所属していた簿記部を退部することにしました。理由はたくさんあるけど、自分のやりたいことが見つかったからです。それと、部活の環境があまり良く無かったことです。この前、友達の高校の吹奏楽部の定期演奏会にいってきました。私は中学校のときに吹奏楽部に所属していました。昔やっていただけ、演奏を聴いてとても羨ましくなって、また自分もしたいと思いました。皆で頑張って音を一つにする団結力がとても感じられました。理由はもう一つあって部活の環境がとても悪くて、簿記部は簿記の出来具合によってグループ分けされて、授業より習う内容を先に進む日商チームと、授業とほぼ平行して進むそうでないチームに分けられていました。私は日商など理解できるハズが無く、授業平行チームになっていました。まぁ、そこまではいいんだけど先生は出来る生徒にしか興味無いのか私達には全く授業をしなくなったっていうのが、とっても腹立たしかったです。大会やコンクールの難しい内容も何一つ解説も授業もしてくれないのに、大会、コンクールには出場するという、意味も無いこともしていました。ただ出場できる最低人数をクリアするための出場でした。
でも、簿記部に入って良かったということもたくさんありました。普通は電卓は利手で打つけど利手はシャーペンを持たないといけないので反対の手で打ちます。そうすることでペンを持ち帰る必要がなくなり、時間短縮になるのです。私は反対の手で簿記部に入ったことによりできるようになりました。それに、入部したてのときは内容を早く習えたので定期テストは90点などとれていました。
けっして、意味の無い1年間というわけじゃなく、私に勉強の大切さや皆で勉強することの意味などたくさん学べた所もあります。この1年間で身につけた知識をこれからに生かせるよう努力していきます。

一年で日商合格!

日商簿記っていうのは商工会議所が主催しているすごく難しい検定です。公益財団法人が主催してきる全商の検定は、商業簿記なら商業簿記で1つの分野。原価計算なら原価計算で1つの分野しか出ないけど、日商簿記は原価計算、商業簿記など、全ての分野において幅広く出題され先輩も1番早い先輩でも2回は受験して、遅い先輩は4回も受験するほどです。この前、その日商簿記に私は受験しなかったけど私の友達の簿記部の1年生が受験しました。先生もコンクールの日でもつきっきりで授業したり、休みの日でも校外の講習会にいったりと勉強していました。1回目は、その1年生は落ちていましましたが、それでもめげずにその後も勉強を積み重ねて、このまえ2回目を受験したときの合格があって、2人ともたったの2回目で合格してしまいました。1年生で日商簿記を取得するのはとてもすごいことです。先輩は4回も受験しているのに…(笑)
私は今、自分のペースで6月にある全商の原価計算の検定にむけての対策を部室の隅でしています。私もいずれは日商簿記を取りたいのではやく原価計算と会計を取って勉強しないと日商簿記はとても難しいので頑張らないといけません。正直、同じ1年で日商を取るのはすごいことだけど、少し悔しかったりするけど今は合格おめでとうって言って、その悔しさをバネに、私も日商合格に向けて頑張っていこうと思った1日でした。

通知表をもらいました

ででん!この前1年間の成績をまとめた通知表を受け取りました…!私の通ってる高校は、学期ごとに5段階評価の成績を受け取るんではなくて、1年間の成績を3学期にもらいます。つまり5段階評価の成績をもらうのは1年に一回しかないのです。私は簿記部です!簿記部が簿記の科目で悪い点数はだせません。簿記はなんとか4です!今回は5は取れませんでした…。あと4をとれた科目は、音楽と、情報処理と、OA事務です。あとはぜーんぶ3です☆別に悪くもなく(?)良くもないですね(笑)もうすこし、気合を入れて勉強する必要がありますね。でも!!!こんな私でも優秀な所はありますよ!それは出欠に関する記録で、1年間で私は1日しか休んだことがありません!あと少しで皆勤でした。
こんな風に、自分の成績をあらためて見ると反省することもたくさんあります。高校は義務教育の中学校と違って、規定以上の成績を取らないと、すぐ留年になってしまいます。なので定期テストのテストの返却時にはいつもクラスは悲鳴に包まれます(笑)平常点と定期テストの点数を計算して40点以下になれば追試考査になり、そこで何点かは科目によるらしいけど(経験したことないので)わからないけど、規定以下を取れば留年確定になります。そのくらい高校は厳しいのです。 私は商業科目はだいたい4はとれてるので、苦手なのは普通科目です。これは昔っからすごく苦手です。2年生になったら普通科目が1年生のときよりも単位数がふえます!今までよりもキツくなるけど、苦手なところを克服できるチャンスでもあるので今回の成績を反省してこれからも頑張っていこうと思います。